清流で釣りGO!!Plus

アクセスカウンタ

zoom RSS 復権・・・・・

<<   作成日時 : 2012/04/30 12:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

釣具の進歩は著しくて、昔では考えられないようなこともしばしばあります。例えばオトリ缶です。管理人は昔は父親からのお下がりで真鍮のもいお〜なやつを長いこと使用していました。密閉度も低いので車のマットなんてビシャビシャになることもしばしばでした。それをはじめとしてしょ〜もないオトリ缶を乗り換え乗り換え10年ちょっとぐらい前だと思うけど、ダイワの友カンに乗り換えました。
これはよかったねぇ!密閉性も高いしまず水漏れしない。プラ製ですからメンテナンスもラクラクでした。しかし時は流れ大容量の時代になり!ついにはツインツイン!!なんて話に・・・おとりの元気度が違う!とか釣果に差が・・・・・とか始まりましてね!!管理人も時代の波に乗りましたが・・・・・大容量=もいお〜!!という原則は変らないのです。アントワーヌ・ラヴォアジエが発見した「質量保存の法則」は健在です。
そしてさらに時は流れ管理人は年をとり更にもいお〜に耐えられなくなり、思い返したのです。「俺は基本装備は少なく、軽く 軽く〜」がポリシーだと・・・・
そして昨年あたりから復権しましたのがこちら・・・
画像
友カン 15リットル!管理人らしくシマノVerであります。(笑)やっぱりLT-2000重いよォ〜
友カン15リットルを再度検証した結果は・・・・・オトリの元気度は大して変わっているようには見えない!(管理人の目視による) 80匹ぐらい入れて運搬したが死亡したあゆは15尾程度であった(神通〜神奈川県間)そしてなにより釣果は変わらない(爆)でした。遠征の帰りなんかは途中SAとかPAで水入れ替えして持って帰ってくるから大して死なないしその水なんかは水道水なんだからね(笑)
管理人の主に行く河川を考えてみると・・・酒匂川裏道までぜ〜んぶ知ってるから飯泉から谷峨までどんなに混んでも30分で移動できる。興津・・・・これも30分もかからないよ・・・仁科  道志・・・丹波・・・語る必要すらない。そしてなにより軽い!!これが一番だよ!昨年は結局LT-2000はほとんど出動せず・・・今季もこの年季の入った伝統の友カンのお世話になることが多そうです。

画像
渓流のクーリルの肩パッドを付け替えたヘタレゆえの工夫水が入っていると肩に食い込むよ。
画像
上級機種にはついているけどこれにはついていないので取り付けた蓋が流れない工夫今年はこれに蛍光テープを貼って見やすくするつもり。
画像
エアホースが暴れないようにこうしてます。ここに設置しておくとエアーが一方方向より確実に流れて循環するのでオトリの元気度アップ(当社比1.5倍!!うそうそ)
画像
これなんだかわかる?へたれならではのアイデア!10リットルの喫水ライン。つまりオトリ缶の自重は10キロちょっとってこと!!長い上り坂でのあきらめ感や登り終えたあとの疲労感が違います。(笑)
今年も頼んまっせ!!ダイワのオトリ缶シマノVerよ!!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあ〜、いろいろ工夫してるねぇ〜!!
蓋が流れないように尻手ロープまではまだしも、蛍光テープ貼るとか、10リットルラインとか、泣けてくるような工夫だねぇ・・・・・・(笑。
自分はもう、釣り武者の舟ケースを買って以来、藁科では缶さえ使わなくなったからね(爆。
もっと進化(いや退化か?)して、最初からオトリ屋がビニールパック(酸素注入済み)入りで売ったらどうだろう?
そのまま持ち運んで、袋のまま温度合わせもできるし。
香魚
2012/05/01 16:55
香魚さん 賛成賛成!!そういうのはいいねえ。友釣りはこの装備品の多さが普及の大きなネックだね。私はず〜っと昔から装備品の簡素化を提唱してきましたよ。(誰も聞いてくれないけど)釣武者の舟けーすは現場で見て私も食指を伸ばしましたが高くて買えませんでした。(泣)ちなみに私は酒匂ではもう大きく移動することすらなくなりましたのでカン所か舟ケースも使わない釣りになりました。(爆)流水抵抗の少ない舟カン!ダイワ辺り出してくれないかなぁ
ニコパ
2012/05/02 01:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

渓流とアユ釣りならここを見てね。

  • AYU FISHING CLUB “TEAM EXCITE”
  • drive_zeroの釣り戯言
  • 西伊豆町料理自慢の民宿辻道
  • 静岡発 The☆鮎☆Fishing
  • 鮎、山女魚、キジさんに会いたくて
  • だらだら日記
  • Takechan☆House
  • 夏式
  • yahooブログ ジイ
  • SPLASH ! River Runs
  • ウラ之介の釣行記
  • 藁科の鮎釣り 釣行ブログ
  • ハミアトくんの釣行記
  • のんびり鮎釣 ときどき海と湖と
  • 鮎釣り・ヒメマス釣りのブログ
  • 魂の応援歌
  • 鮎に遊ばれて・・・
  • 鮎サブログ
  • きままにソロキャン
  • 復権・・・・・ 清流で釣りGO!!Plus/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる